Engagement ring

結婚指輪とそれぞれの指の意味

結婚指輪を左手薬指にはめる意味としてはギリシャ神話の由来からであることがわかり、ハートにつながるとして結婚の誓いをする強い意味を示していますが、その他の指には意味があるのだろうかと疑問を持つ方もおられます。左手薬指以外でもいいのでは考える方もおられますが、それぞれの指にも意味合いが込められています。
まず左手薬指は愛の絆を深めることや、贖いを実現する意味があります。新郎新婦が指輪を交換することは夫婦として歩んでいく誓いを形に表したものとしての証明です。形にも意味があり、丸い結婚指輪は永遠に途切れることのない愛情である象徴を意味します。そして常に身に付けることは相手の尊大を強く感じる意味合いを持ち、夫婦の絆をも深めていきます。常に見つけることで相手の方の存在を意識するようになります。ただファッションで身に付ける意識ではなく、二人は一つと言う意識を持つ必要があります。
常に身に付けることは続く意味として愛が続くようにと祈りも込められています。そしてはめる指にも意味があります。左でなく右手の薬指は精神的な安定や恋愛成就を意味します。親指であれば右手だと権威や責任が得られることや指導力を持つ意味があります。左手だと信念や愛を貫くことや自分の思いを実現させる意味もあります。結婚指輪ではなく何か指にはめている方を見れば、その人が何に意識を持っており、心を誇示しているかがわかります。

CHOICE

TOP