Engagement ring

結婚指輪の意味を知る

結婚する時に必要になってくるのが結婚指輪。そして意味を知ることで指輪の目的がわかり、今後の結婚生活に良い影響をも与えます。何気なく結婚指輪をしている左手の薬指には意味があります。
通常結婚指輪は左手の薬指にはめられますが、その訳はギリシャ神話が由来していると言われています。古代ギリシャにおいて心臓は人間の感情をつかさどる場所として理解されていました。左手薬指には心臓に繋がる血管があると信じられていて、ハートに繋がると言うことで左手に指輪をはめていました。それが相手の心を掴む、結婚の誓いをする強い意味があると認められていました。
由来は古代ローマ時代にあたる9世紀から始まったとされ、それは習慣になっていました。当時のローマ教皇が約束事を誓約するするしるしとして当時、最初は鉄の輪をはめていました。日本で定着したのが50年前ですが、元々はヨーロッパから伝来した習慣であったと言われています。
結婚式当日に指輪をはめる指として左の薬指は用いられていますが、結婚式当日であっても挙式が終わるまでの間はまだ婚約中となっています。挙式では結婚指輪の交換がされるために左手薬指を空けておきます。挙式に臨むまでは右手の薬指につけて挙式に臨み、右手から婚約指輪を外して左手に結婚指輪を重ねる事が正式な方法と言われています。

CHOICE

TOP